五反田チャコットまつり2016の参戦結果

年に一度開催される五反田チャコットまつりですが、2016年は10月28日~30日でした。

今回初参戦ということで初日に開店20分前に並んで参戦してきました〜。

TOC五反田13Fのホールが会場なのですが、入口がいくつかあり、それぞれに長蛇の列が!各列を時間差で入場させていました。

私の並んでいた列(正面入り口の左横の入り口)は正面入り口の列が全て入りきるまで待ってから解き放たれたので完全に出遅れた・笑。

開場直後の会場は相当殺気だっていました。雰囲気に飲まれまじとまず急いで向かったのは初日限定の大人バレエ用品の特価品ワゴンコーナー。

広告にも載っていた初日限定の3品は、限定30のカプリパンツ2000円はFREEDの7分丈パンツで、限定50のトップ1500円はchacottの薄ピンク系など淡色の5分袖で極薄素材の胸丈のバレエ用トップスでした。

最終的に限定50のChacottのバレエニット(定価5900円→1500円)を色違いで2点ゲット。

続いて、布バレエシューズのワゴンセールへ急ぎます。

16.5cm~26.5cmの白、黒、ピンクのフルソールやスプリットソールが雑多に入ったワゴンに人が殺到し、血眼で目当てのシューズを探すという会場内で最も人口密度の高いコーナーでした。

価格は1000円~1500円。大人用の24cm付近のフルソールはほぼ完売状態になっていたので、息子(のお遊び)用に白の16.5cmD(定価2200円→1000円)をゲットしました。

続いて、レオタードのコーナーで目当てのものを試着しようと、試着室へ行くとびっくり!

広いスペースにいくつも鏡が置いてあり、そこでみんな半裸姿で着替えております。す、すごい光景だ・・・。

銭湯の脱衣場のような光景に一瞬面をくらいましたが、やってみると意外と平気でした!

お目当てのブラックはあまり良いものがなく、迷った末にchaccotのくすんだ紫のレオタード(定価8900円→7000円)をゲット。

チャコットまつりで意外と穴場なのが布地のコーナー。定価1500円~2500円/mくらいの布たちがなんと一律500円/mに!!!

チロリアンテープや衣装の表面に縫い付けるようなゴールドやシルバーのテープたちが20mくらいの1巻で一律1000円という驚異的なプライスでした。

狙っていた布を後で買おうと思って、他のものを見ているうちに、一反丸ごとそれも10本以上買うプロの衣装さん風の方に全部持っていかれてしまいました〜!

ショックを受けつつ残りの布の中からバレエ用巻きスカートを作る用の布地3種とテープをゲットしました。

あとは化粧品コーナーも大体15%オフくらいで舞台メイクやデイリーユースのパウダーなどがありました。

ここではフィニッシングパウダー(定価1200円→1000円)とスティックファンデーション(1800円→1500円)をゲット。

滞在時間は3時間ほどでした。最後ににベロネーゼ穴あき大人用タイツ2個セット(3500円)もゲットし、総額21000円でした。ちょっと使いすぎちゃった・・・

最後に、今年は初日を見逃したので、来年初日にバレエ用品を買いに行く!という方へ。

以下の順番で回ってみると品薄のものが確実にゲットできるかと思います。

①開店20分前くらいには到着し、一番早く会場入りできる正面入り口に通じる列に並んでおく(正面とその左右の3列あるようです)

②まず特価コーナーへ直行し、とりあえず買い物袋に速攻INして後で考える

③その足で急いで布バレエシューズコーナーで目当てのサイズをゲット

④手作り派なら、プロの大量買いに遭う前に手芸コーナーで布地をゲット

それと、ヨガコーナーにも行ってみるとよいかもしれません。カップ入れつきキャミなどバレエに使えそうなものがあったりしますよ。

チャコットまつりの戦利品でと手持ちのパンツでレッスンウェアコーデを置き画してみました。

実際に着てレッスンを受けましたが、レオタードと穴開きタイツを着用するとやはり動きやすくて快適でした!

パンツ:gap fit
その他ウェア:chacott
シューズ:capezio

それでは後日、大人バレエ用スカートが完成したら、作り方などもアップしたいと思います~

スポンサーリンク

シェアする

フォローする