2才で遅咲きのエアバギーフットマフデビュー、やっぱり必要だった(笑)。最安値で買う方法。

年に一度のセールで送料込4980円で購入

昨年の今頃はまだメチャカルハンディを使用しており、フットマフではなくフリースのひざかけをブランケットクリップで留めて使用していました。

今年は、息子が1才7ヵ月にしてエアバギーを購入したこともあり、残りのベビーカーに乗れる期間を考えるとフットマフを買うかどうかとても迷っていました。

そして10月に2015年モデルのフットマフの破格セールを楽天など主要なネットストアでやっているのを発見し、ハーモニーコレクションも定価11880円が送料込みで4980円になっていたので、即購入(笑)。

セールは毎年9~10月にやっているようです。

ダウンとボアフリースの最強コンビ

エアバギーダウンフットマフは中材がダウン70%/フェザー30%でとっても温かいです。

外側の素材はマットで光沢のない目の詰まった、それでいて柔らかいナイロン生地で、内側はもこもこのボアフリースで、触るととっても気持ちがいいです。

内側はモコモコのフリース

頭の部分にもファスナーが付いていて、閉めるとフードになりますが、フリースがファスナーに噛みこみやすいのであまりお勧めはしません。

ちなみに85cmの2才児には身長的に無理そうでした。

頭のファスナーをしめるとこんな感じ

冬のお出かけ範囲が広がった

フットマフデビューの日はちょうどパパが保育園に送りに行く日だったのですが、息子はベビーカーにセットされたフットマフをみて、「なんかのってる!」と警戒してなかなか乗らなかったそうです(笑)。でもいったん乗ってしまえば「ふわふわ」とご満悦だったとのこと。

結果としては、買って大正解でした。

ひざかけクリップは風に弱く、隙間風が気になり、そもそも息子は足癖がわるいのでクリップから外れてしまうため何度も付け直す必要があり、結構なストレスでした。

そのため、冬はベビーカーで長い時間外にいるのは無理だったのですが、フットマフを買ってからは、昨日のよみうりランドのような冬の長時間のお出かけも安心してできるようになりました。

極寒のよみうりランドにて。ぬくぬくで親も安心でした

2才児とフットマフの相性

最近は東京も一気に寒くなってきたので電動ママチャリからもっぱらエアバギーで通園しています。

息子はBRIOのカタログを見たり、バナナを食べたり、すっかりくつろぎモードであたたかく通園できるので、私の方も「寒いから急いで移動しなきゃ!」という不安からくるプレッシャーから解放されて、気持ちが楽になりました。

朝の登園時、BRIOカタログを熟読中

もう少し大きくなっても、ファスナーが逆T字になっており、下の方を開けば足先を出して乗せることもできるので、エアバギーを使う限りはフットマフを使い続けようと思います。

夕方の退園時、バナナもぐもぐ

温かさはダウンにまさるものなし

使用して実感したのですが、フットマフを買うなら、やっぱり素材がダウンのものがおすすめです!

巷のフットマフを見るとダウンじゃなくてポリエステル100%の中綿だったりするものが多いですが、羽毛布団が温かいように冬はダウンに勝るものはありません。

ベビーカーを来年以降も使う予定で、ど~しても最安値で買いたい!という方は、来年の9月~10月の旧モデルのセールを狙い、半額以下で買うのがいいかもしれません。

多くの方に知っていただきたくてランキングに参加しています。
クリックで応援していただけるとブログ主がせっせと記事を更新します!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする