大人バレエのレッスンウェア。意外と使える普段着の薄手トップス。

昨年の8月末にはじめた週1回の大人バレエ。いまだにドヘタッピですがレッスンも慣れてきて、育児の息抜きとしても最高です(レッスン中はついていくのに必死で息子のことを忘れてます・笑)。レッスンウェアは以前の記事で紹介したGap Fitのインナー付き短パンが快適すぎて、チャコットまつりで買ったレオタードと一緒にいつも着ています。トップスは手持ちのジム用Tシャツたちを使いまわしていたけどマンネリしてたのでクローゼットの昔の服を漁って着れそうなものを探してみました。

コーデその1

大学生の頃に年上の従妹にあこがれて買ったきり一度も着ていなかったEt Vousのシフォントップス。ノースリーブなので手の動きも妨げず、上半身がレオタード1枚じゃ恥ずかしいアラサーにはピッタリでした。とっても軽いシフォン地(スケスケ)なので、踊る時になびくのもバレエウェアっぽいかも。まわりからも可愛いウェアだねとお褒めの言葉をいただきました(照)。

コーデその2

5年ほど前に買ったアダムエロペの薄手ガーゼのトップス。袖が短いので手の動きがよく見ええました。裾がフレアでちょっと長めなので腰の動きは見えづらいかなと思いましたが、薄手なのでバレエウェアっぽく見えました。薄い色なので汗をかくのがこわい感じ(笑)。

まだバレエ専用のレッスンウェアとしてはレオタードとバレエセーター2着くらいしか持っていないのですが、服装は自由なクラスなので、手持ちのものもフル活用して毎週ちょっと気分を変えて、より楽しめたらいいな~と思っています。昨日は4月からのコースが初日でしたが、いつものベテラン勢がごっそりいなくて新人さんばかりだったので、ふだんベテラン勢のいるポジション(一番前でお手本になる人いない位置)だったのでかなり緊張しましたがなんとか乗り切れました。「腰を反らさない」というバレエの基本がとっても難しくて、先生にアドバイスを求めたら、「普段から胸から足が生えているように歩いてごらん」と言われました。こうすると胸を起点に体を動かすクセが付けられるし、歩き方もキレイになるそうです。さっそく実践してみるか~。

関連記事
大人バレエのレッスンウェア。Gap Fitが超優秀だった。