春物購入品その1:無印ベビー・らくらく動けるシリーズの白パンツ

先週金曜の夜、息子の春物のパンツを探しに有楽町の無印に行ってきました。冬のパンツは保育園でよく近くの公園に遠征するため裏がモコモコ素材のものばかりにしていましたが、東京もやっとあたたかくなってきたので慌てて春物パンツをそろえているところです。

ちょうど4月16日までの期間限定で「らくらく動けるシリーズ」のボトムスがセールになっていました。2才7ヵ月の息子(90cm、13.5kg)には90サイズだとピッタリすぎるので100cmを探していると、同シリーズではカットソースキニーパンツ(オフ白)1点しか残っていませんでした。無印べビーは生産量が少ないのか、実店舗もネットもいつも売り切れ欠品が多いんですよね。もうちょっと需要の予測をがんばってほしいな~と思いつつ、ハイハイの頃にユニクロの無地白のレギパンをよくはかせていて可愛かったのを思い出し、汚れそうだなと思いつつ買っちゃいました。500円OFFで1490円だったし。

早速昨日はかせてみると、見た目は白デニムっぽいのにすごい伸縮性があっていい感じでした。大きめのサイズ100cmだからかスキニー感はなくてはきやすそうです。息子の体重だとウエストゴムがややゆるかったので、ゴムを少しつめるとちょうどよさそうです。

このあと近所にお散歩に行っただけで早速思いっきり汚しましたが、ウタマロ石鹸で何とか取れました(ホッ)。

赤ちゃんの時も思ったのですが、小さい子どもの白パンってなんでこんなに可愛く見えるだろう・・・。汚すことを恐れてちょっとさけてきた色だけど、こんなに可愛く着れる時期は限られている(と思う)ので、保育園でもジャンジャンはかせて、汚したらウタマロ石鹸とハイターで迎えうとうと思います(笑)。春物は他にもグリーンレーベルリラクシングで取り寄せ中のパンツがあるので、届いたら続編でレビューしたいと思います♪