ビンテージミシンでIKEAのソファ用カバーを手作り中

こんばんは、夜更かし裁縫クラブの一人部長ことタカエマです。手芸屋さんの特売コーナーで好みの布が480円/mになっていてDIY魂に火がついてしまいました。わが家のソファはIKEAのKLIPPAN(幅177cmのもの)ですが、この専用カバーが息子の落書きやらあれやこれやで洗濯しても落ちないほど汚れてきたのが気になっていたので、ソファカバーを作ろうと思い立ち、大量購入を即決しました。


▲ポップな柄のカバーにひかれて衝動買いしたIKEAのKLIPPAN

用意したのは以下のものです。
●108 cm幅の布:170cm×2枚、100cm×2枚
●布と同じ色のミシン糸

相棒はこちらのビンテージミシン(ジャノメのエクセル20)。亡き祖母が母がお嫁に来た時にプレゼントしたものです。


▲頑丈だけど気難しい相棒、ときどきこわれます

まずは170cmの布×2枚を横に並べるように縫い合わせ、約216cm幅×170cmの布をつくります。左右どちらか一方の端を20cm程度切り落として約196cm幅×170cmの布にし、ほつれてこないように端を丸め込んでミシンで縫えば本体部分の完成です。せっかちなので、ここでさっそく試着♪といってもこの1枚布をソファの形にフィットするように割れ目部分にぎゅうぎゅうと押し込んだだけなのです。

縫い合わせたところもストライプの幅をちょうどに合わせたのでまったく目立ちませんでした。

つづいてアーム部分の作成にとりかかります。108cm幅×100cmの布の端をぐるっと一周丸めこんでミシンで縫えば完成。これも試着してみるとこんな感じ♪

まだ待ち針で1か所仮留しただけですがなかなかのフィット感です。

アーム部分やソファの下の部分の固定方法(スナップボタンかマジックテープか)は現在検討中です。ソファカバーを変えるとインテリアの雰囲気がガラっと変わるのがうれしくて、つい夢中になって作業していまい2日ほど夜更中です・・・また完成したら詳細をご報告します!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする