牛乳と卵不使用!おやつにも朝ごはんにもOKのふわふわ蒸しパン

息子の保育園の管理栄養士さんは本当に料理がおいしくて、息子もおかわりしまくっているそうです。そんな超メシウマ管理栄養士さんから教えていただいた「りんご蒸しパン」のレシピを息子の好きなイチゴでアレンジしたものを紹介します。

<材料>大きめ2個分

★イチゴ・・・4~5個
★砂糖・・・小さじ2
●国産薄力粉・・・50g
●ベーキングパウダー・・・2.5g
●砂糖・・・18g
豆乳・・・30g
サラダ油・・・5g

<つくりかた>
(1)小型のフライパンかウォックパンに★の材料を入れ、中~強火でクタクタになるまでさっと煮て、水っぽいようなら汁気を飛ぶまで手早く加熱して、イチゴジャムもどきを作る。ジップロックなどの容器に入れ、水を入れたボールなどで冷やして粗熱をとっておく。

(2)●の材料をあらかじめゴムベラで混ぜ、そこに粗熱をとった(1)、豆乳、サラダ油を入れてゴムベラで均一になるまで手早く混ぜる。
(3)アルミカップまたはマフィンカップに分けいれ、10〜12分蒸したら完成。

ポイント
蒸している途中でフタは開けない(膨らみにくくなるため)
マフィンカップを使用する場合、型は使用しない(火が通りにくくなるため)

蒸し器がなくてもできる
わが家には蒸し器がないので、2.5L圧力鍋に1cmくらい水を入れ、100均で買った脚付き蒸し器をセットして、中の水が沸騰したらマフィンカップに入れた生地をのせて弱火にして蒸しました。

フタは圧力鍋のではなくサイズの合う普通のフタにさらし(というか息子が赤ん坊のときに使ってた沐浴布w)を巻いて使いました。

大きめの2個を12分蒸すと・・・

じゃ~んフカフカの大きな蒸しパンができあがっていました~

あったかいところをめしあがれ~♪

中の具は色々とアレンジがききます。今回はイチゴにしたのでピンク色のイチゴ蒸しパンですが、1cm角のさつまいもでもいいし、つぶあんやレーズンでもおいしいそう。ちなみに管理栄養士の先生から教わったオリジナルレシピでは、りんご3/8個を好みの大きさに切り、砂糖5gとともに、ラップをしてレンジで2~3分加熱し、汁気をきったものが入っていました。

アレルギーのないお子さんには豆乳を牛乳にかえても大丈夫です。お子さんの人数に合わせてレシピの2倍、3倍量にしていただければと思います。びっくりするほど簡単なのでぜひ作ってみてもらえると嬉しいです!

追記:
生地を3等分にして作ってみました!

蒸す前

10分蒸したあと

3等分の方が蒸し時間も少なくていいし、子どもが食べやすい大きさなのでオススメです♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする