富山駅でお土産を買うなら駅ビル地下のスーパーが断然オススメな件

今月はタイを始め色々と飛び回っているタカエマです。先日、久々に富山に行って来たのですが、北陸新幹線が開通してから駅ナカが見違えるようにキレイになっていました。でも富山駅構内って小さいので前よりは多少お土産屋さんは増えたけど、若干お土産のバラエティに乏しい感じなんですよね・・・

安くて品揃えよしのお土産スポット
そこでオススメの駅近のお土産スポットをご紹介します♪駅と直結のエスタ地下1階にある地元の方で賑わうスーパーです。

こちらに行ったら、まずは入口の手前左奥(レジの隣)にある北陸特産品コーナーへ向かいましょう。このコーナーは新幹線開通以前はなかったので、完全に観光客を意識して作られた売り場で気合い入ってます。

まずは、富山ワインや紅茶、羊羹などコテコテお土産コーナー。頻繁に商品が入れ替わるのも嬉しいところ。

定番ソウルフードのとり野菜みそや大門素麺もあります。

加賀佃煮や珍味も豊富にそろっていて、しかも値段もお手頃。

そして、チルドコーナーはホタルイカ各種と名産のカマボコがずらり。

ホタルイカはタカエマ大好物の沖漬け(580円)を始め、黒作りや塩辛も。駅のお土産屋さんでは1000円するのでかなりお得でお味も美味しいです。ホタルイカは紙箱の中に入った発泡スチロールの箱の中に密閉パックで入っているので、東京まで新幹線で持って帰っても全然平気です。念のためスーパーの無料の氷をもらって入れておくとさらに安心です。ホタルイカの沖漬けは冷凍保存できるので(しかも冷凍保存の方が浸かり過ぎないのでオススメ)、ちょうど新物だったので4個買いました。

さらに強者の方は、お土産コーナーを出て店内奥の鮮魚コーナーに行ってみましょう。昆布締めなんかもオススメです。こちらを買うなら保冷バックを持参して氷もしっかり入れて持ち帰った方がいいですね。

実はわたくし、富山の小料理屋さん(富山駅からほど近い「原」というお店)で食べたゲンゲ(富山にしかいない深海魚)の天ぷらがあまりにも美味しくて、鮮魚コーナーでゲンゲの生の丸魚を一盛り買って東京に持って帰ったことがあります。すんごいグロテスクな魚なので同行者にはドン引きされましたが(笑)。

ということで駅前で高いお土産を買うよりこちらのスーパーで選ぶ方が断然楽しいので、ついつい長居してしまい新幹線ホームまで大急ぎで向かうのがいつものパターンになってます。富山へ行かれる際には是非立ち寄ってみてください♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする