帝国劇場でレ・ミゼラブル観劇&ブレッツカフェのガレット

ふだんミュージカルを観るなどという優雅な夕方とは無縁のタカエマですが、友人がチケットが余った~と誘ってくれたので行ってきました。


▲帝国劇場の正面玄関


▲帝国劇場のホール内

友人の取った席は2階のS席の前方のすごくいい場所だったのに驚き、この日のコゼット役が生田絵梨花さんという乃木坂46で人気のある方で、最前列はファンの男性がたくさんいておぉっとまた驚きました(笑)。平日の18:15開園なのに席はほぼ満席というすごい熱気でした。


▲この日の出演者一覧

初ミュージカルの感想は、まず大道具のすごさにものすごく驚きました。超巨大で本格的な舞台セットが音もたてずに目まぐるしく変化するところに一番感動してしまいました。もちろん生オーケストラや役者さんの声量もすごくて、いまだに頭の中にレ・ミゼラブルのメドレーが流れていて、気付くと口ずさんでいます(笑)。主要な役は役者3人で回されていて、この日は出演されていませんでしたが、ファンティーヌは知念里奈さん、マダム・テナルディエは森公美子さんの日もありました。

最初の熱気は最後まで冷めず、上演後もスタンディングオベーションがすごくて幕が開いて出演者の方が出ては幕が閉まり、を何度も何度も繰り返していました。たまにはこんな夕方もいいなぁと思い、ぜひまた行ってみたくなりました。仕事のあとは、保育園で息子をピックアップして、たいてい公園によって、スーパーよって帰るのみのルーチン生活なので刺激がほしかったのかもしれません。

この日ミュージカルが終わって外に出たのは21:30くらい。その後に銀座でお気に入りのガレット屋さんに寄ってきました。ブレッツカフェクレープリーという南フランスのお店の経営で世界中に支店があるカフェです。ガレット(そば粉)とクレープ(小麦粉)がありますが、ここで食べるなら食事メニューもデザートでもパリッとした食感の楽しめるガレットが絶対にオススメです。

シェフの大きなフランス人のおじさんに迎えられ、まず頼んだのが目玉焼きと生ハムのガレット(1050円)。

パリッと香ばしく焼かれたガレットとしっとりした生ハムの相性がバツグンです。

つづいては、わたしがこのお店にくると必ず注文するバニラアイスクリームの乗った自家製キャラメルブールサレ(1050円)。

キャラメルいっぱいにして!と注文時に伝えると、優しいフランス人シェフのおじさんは別添えでキャラメルソース付けてくれました。夜中であることや、最近体重が気にしていることも全部忘れてキャラメルソースたっぷりかけて堪能しました。お酒は飲まずにピーチジュース(700円)にしましたが、これもフランスから輸入されたものでとても濃厚で美味しかったです。

このお店、カフェにしては珍しくラストオーダー22:30なのですが、ひっきりなしに飲み会帰りのお客さんが訪れていていつも混んでいます。銀座って意外といいカフェが少なくて、特に飲み会帰りの夜なんかだとカフェ難民になることが多かったのですが、ここを見つけてからはそんな心配もなくなりました。コリドー街の近くなのでカフェに困ったらぜひ行っていただきたいお店です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする