新発売のIKEA木製レールがBRIOに激似。新製品も続々!

週末にいったIKEAで木製レールシリーズLILLADOが一新されているのを発見。基本のレールの構造から新しくなっていました。

新レールは木材が凹凸にカットでほぼBRIO

IKEAの木製レールといえばプラスチックジョイント。

以前のレールは両端が全部凹カットで、片側に雪だるま型のプラスチックが付いていて連結するしくみでした。


IKEAの旧式木製レール

それが新発売のレールでは、木製レールの両端が木材の状態から凹凸状にカットされています。


IKEAの新発売の木製レール

こ、これはもう、ほぼ限りなくBRIOだ(笑)


我が家のBRIO

プラスチックジョイントが安っぽいよなぁ・・・と思いとどまっていた方には朗報ですね。

BRIOとIKEAの比較

BRIOとIKEAの木製レールは互換性があるので連結は可能です(ちょっとキツめとの意見あり)。素材も未塗装の木という面では同じです。

IKEAのトンネルが低すぎてBRIO車両は通れない等の問題は別としてですが。

IKEAで木製レールを触ってみて自宅で普段遊んでいるBRIOと比べて気になった点は、連結部分のカット断面が粗いこと。

プレイコーナーにあったものは使い込まれていたのでバリがあるような状態ではなかったけれど、売っている新品をよくみるとちょっと断面ガサガサしていました。


写真を拡大すると断面の粗さよくわかるかも

とはいえIKEAの新木製レール50ピースセットは2499円。BRIOの50ピースセットは約5000円ですので、価格差は2倍。悩ましい。

BRIOユーザーとしては子どもが電車遊びが大好きで長く使いそうならより安全なBRIOがいいかなと思いますが。

IKEA木製レールは新製品がぞくぞく発売

木製レールの50ピースセット以外にもLILIADOシリーズからは新製品がたくさん出ていましたので全てご紹介します。

まずは車両含めて全20ピースのベーシックセット(1999円)。IKEAには珍しくマグネットなしの先頭車両付きです。

組み立てるとこんな感じ。入門編のお試し購入にちょうどよさそう。

続いて、青い屋根の機関庫(699円)と緑色の転車台(499円)。プラスチックパーツを使ってくるあたり、がっつりBRIO意識してますね~

次に、オレンジの鉄橋セット(699円)。内容は橋げた×2、鉄橋のオレンジ色の枠、坂レール×2で、鉄橋をセットする直線レールは含まれないので要注意!

次に、クレーン車と荷台付き車両のセット(499円)。クレーンの先と荷台の真ん中にマグネットがついていて、荷台と車両は凹凸の細いパーツを合わせないといけないので脳トレになりそう。


3才の息子はこれに一番ハマっていました

最後は車両3つのセット(699円)。汽車、貨車、NEXみたいな電車が連結してます。

それと、木製レールのみのセットはさきほどの50ピース以外にも10ピース(999円)もあります。それぞれのセット内容はこんな感じ↓

いかがでしたでしょうか?お近くのIKEAで実物を試して遊んでから決めるのが一番よさそうです。ネットで買う場合の注意点としては、外部のIKEA製品販売サイトでは、まだほとんどが旧式の木製レールなので要確認です!

以上、ご検討中の方の参考になればうれしいです^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする