手作りトーマス布アップリケで無印良品×トーマスTシャツ

息子が最近トーマスの服以外は着たがらずに困っているタカエマです。新調したモンベルのライトシェルジャケットを見て、「トーマス付いてない」と一言。一応トーマスカラーのものを選んだんだけどね~。

そんな息子のために刺繍ワッペンを買おうと思って探していたのですが、なかなか好みの絵柄とサイズを両方満たすものが見つからず。それなら、と自分で作ってみました。作るといっても前にトーマスエプロンを作った布の残りを使った布アップリケなので5分で完成。無印良品のオーガニックコットンスラブ配色八分袖Tシャツ(サイズ100)を使いました。


完成した無印良品×トーマスコラボTシャツ

つくり方

① トーマス柄の布から布用ハサミでキャラクターを切り出す
② ①をアイロン接着芯の非接着面に裁縫用ボンド(アイロン接着タイプ)で貼り付け、布と同じ形に切り出す
③ アイロン接着芯の接着面を裁縫用ボンドでTシャツに貼り付けアイロンで接着
④ ほつれ止め液を切り出した部分に塗る

たったこれだけですがいくつかコツがあります。

コツ1 裁縫用ボンドはごく少量を薄く延ばすように端までまんべんなく塗る
コツ2 アイロン時にはみ出したボンドで服やアイロンを汚さないようハンカチでガード
(アップリケとアイロンの間、アップリケを貼った部分の真裏にハンカチをはさむ)
コツ3 ほつれ止め液はごく少量ずつ布の端2㎜くらいの幅に塗る
コツ4 アイロン接着芯は中厚のものを使用し、剥がれやすいので裁縫用ボンドで補強

ボンドの塗りが甘いと端がピラピラと剥がれてきますし、塗りすぎるとアイロン接着のときはみ出して見た目が悪くなるので極薄&均一がベストな塗り方です。

ほつれ液は水のようにシャバシャバなので、容器から直塗りでOKですが出し過ぎないように注意してください。

実は初めはアップリケと服の接着はアイロン接着芯の糊だけにしたのですが、保育園に着せて行ったところ1日で取れてしまったので、裁縫用ボンドで貼りなおしました。ボンドがアップリケの裏側まではみ出すこともなく、洗濯してもビクともしないほど強力にくっ付いています。


アップリケの拡大図。近くで見ると荒いけど遠目には普通のアップリケに見えます(笑)

縫わない手芸の相棒たち

裁縫用ボンドはアイロンで接着するタイプの「裁縫上手」、ほつれ止め液は「ピケ」を使用しています。そこそこの値段もするし、100均でも安いものも売っているけど、amazonレビューを見て仕上がりが良さそうだったのでこの2つを相棒にしています。裁縫用ボンドハロウィンのマントやカーテンを手作りするのにも使っていてとても便利です^^


相棒の「裁縫上手」と「ピケ」で縫わない手芸

息子はアップリケされたTシャツを見た瞬間、「きる!」と言い、保育園でもみんなに見て!!!と自慢していました。今回使った布には他にジェームスやパーシーもいるので、第2段以降も作っていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする