京王プラザホテル札幌の部屋&朝食レビュー、アレルギー対応

ご無沙汰しております、タカエマです。久しぶりの更新になってしまいました。

先週、仕事で札幌に泊まり出張に行ってきました。札幌には6年ほど住んでいた思い出の場所で、出産前は年に2~3回は遊びに来ていました。

そんな元道民目線も入れて(笑)、宿泊先の京王プラザホテル札幌のいいところ、良くなかったところをレビューしてみます。

京王プラザホテルは3年ほど前に大幅なリニューアルを行ったそうで、以前のちょっと野暮ったかった(失礼!)ロビーが高級ホテルのそれに変貌を遂げていました。


エントランスはクリスマス感でいっぱい

おどろいたのが、チェックイン後に女性スタッフが「お部屋までご案内します」とそのまま荷物を運んでくれて部屋まで同行してくれたことです。

しかも、お部屋では「アメニティのお茶がとても美味しいのでぜひ飲んでみてください」とすすめてくれました。女性スタッフなので安心だし、とても嬉しいサービスでした。


スタッフさん推しのお茶。2種類あってすごく美味しかった

わたしが予約したのはプレミアフロアの禁煙シングル(18.7m2)でした。

客室のうち18階~21階はプレミアムフロアになっていて、エレベーターでも部屋のカードキーをかざさないと階数ボタンが押せないようになっていてセキュリティも万全です。

今回宿泊した18階のお部屋がこちらです。こじんまりとしていますが、飾り壁や大きな球体のペンダントライトがあったり、インテリアにこだわったお部屋でした。


女性受けしそうなシックなインテリアでとてもよいお部屋でした

窓からはJRの線路が見えて、1両編成の可愛い電車が走っていました。


なんだか癒される光景・・・

アメニティも結構充実していました。バスソルトもあって、ドライヤーもちゃんとしたやつがありました(こことても重要!)。


女性目線で充実のアメニティ♪

お部屋が期待以上だったので、翌朝の朝食ビュッフェにも期待が高まります。

そして翌朝7時頃にいそいそと朝食会場の1階レストランへ!

入り口に「アレルギー表示のお知らせ」があり、各メニューに特定原材料7種の表記がされています。ビュッフェ形式なのでそれでも混入の不安は残りますが、開始時間に行けばより安心かもしれません。


アレルギー表示をここまでちゃんと表示しているのは珍しいかも

朝食会場は時間が早かったからか人もまばら。というか料理の数も少なくてガランとした感じでした。


オープンキッチンなのでオムレツコーナーとかほしかった

お決まりのパンコーナーも特に「アッこれ食べたい」ってものはなかったです。


北海道感といえばハスカップジャムが置いてあったことくらい

観光客が期待するような北海道らしいものといえばこのスープカレーくらい。あとは北海道産のジャガイモの料理が1品あったくらいです・・・


選ぶものがなくて大変なくらいしょぼい朝食だった・・・

食器も一番多用される6種盛プレートはなんとプラスチック製だし。一応札幌では高級ホテルの部類なのに、これは残念でした。小皿は陶器製だったのでそれを使いました。


わたしの朝食。スープカレーは普通でした

以前はもっとよかったはずなのですが、客層が修学旅行生や海外観光客が多かったので、内容が変わったのかもしれません。

部屋はよかったのですが楽しみにしていた朝食があまりにも残念だったので、もうリピートはないかなぁという感じです。

ちょっと場所が札幌駅から離れますが、札幌グランドホテルの朝食は以前何度か泊まった時にいつも最高のラインナップだったので次回は札幌グランドにしようと思います(地下通路で札幌駅からつながっているし)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする