乳なし!卵なし!材料4つの極上クッキー

以前、保育園で教えてもらった「ちんすこうのレシピ」をご紹介したことがありました。

乳アレルギーの息子がクッキーを食べたがるようになったので、ここ1か月ちんすこうのレシピをアレンジを試行してきました。

10回以上試作した中でベストな配合を見出しましたので早速ご紹介します!

使用する材料はこの4つだけ!(プレーン味は3つだけ)

日清バイオレット薄力小麦粉
バンホーテン純ココアパウダー
きび砂糖
太白胡麻油

こども用プレーンミニクッキー約30枚分
●日清バイオレット薄力小麦粉 100g
●きび砂糖 35g
●太白胡麻油 40g 

おとな用ビターチョコクッキー約30枚分
●日清バイオレット薄力小麦粉 90g
●バンホーテン純ココアパウダー 15g
●きび砂糖 35g
●太白胡麻油 38g 

作り方も超簡単。粉ふるいも泡だて器もゴムベラも不要です!

(1)油以外の原料を小型のボールに直接はかり取って、スプーンでぐるぐる混ぜて均一にする
(2)よく混ざったところに油を加えて、ふたたびスプーンでぐるぐる混ぜ、最後に生地を手でひとまとめにする
(3)生地をビー玉より少し小さいくらいの球型に丸め、オーブンシートを敷いた天板の上に置き、指で押さえてつぶして円形クッキーの形に整える
(4)あらかじめ170℃に余熱したオーブンで10~12分焼く(ベストな焼き時間はお手持ちのオーブンでお試しください)

焼く前はこんな感じ(ビターチョコはレシピ全量、プレーンはレシピ1/4量です)

焼き上がりはこんな感じです!

形は先ほどのミニクッキー型にすると焼き時間も早めで食感もよいですが、ちんすこう型にしてももちろんOK!

上のレシピのチョコ味はビターな大人用ですが、チョコ好きのお子さんには下のレシピでどうぞ!

こども用チョコ味クッキー(ちんすこう型15枚 or ミニクッキー約30枚分)
●日清バイオレット薄力小麦粉 95g
●バンホーテン純ココアパウダー 5g
●きび砂糖 35g
●太白胡麻油 38g 

作り方は上のレシピと同じで、成形をちんすこう型にするだけです。

焼く前はこんな感じで、

焼き上がりはこんな感じです!

これでもまだチョコ感が強いようでしたら、ココアを少しへらしたこちらのレシピでどうぞ!

こども用ほんのりチョコ味クッキー
●日清バイオレット薄力小麦粉 97g
●バンホーテン純ココアパウダー 3g
●きび砂糖 35g
●太白胡麻油 38g 

下の写真はサイズを大きめ(生地の量はビー玉より少し大きめ)にし、息子につまようじで顔を描いてもらっています。

今も週に2回は作るほど我が家で大人気になっているクッキーレシピで是非作っていただければうれしいです。

コツは太白胡麻油バイオレットを使うことです。これ以外の材料で試したことがありますが食感や香りが変わってしまいました。

砂糖もキビ糖などあまり精製していないものだと優しい甘さになりますが、生地の状態では砂糖が溶けないので、あまり粒子の粗いものは避けてくださいね。

写真のきび砂糖の他に、大東製糖の素焚糖も実際に使ってみたのでおススメできます。

プレーン味はチョコ味より油分が少ない分まとめるときバラバラしがちで、焼き上がりもいかにもちんすこう的な亀裂が入りやすいです。

それがあまり好みでない、という方は油の分量だけをレシピ分量の5%ずつくらい増やしていってベストな配合を試していただければと思います。

手作りクッキーでお茶するとホッとしますよね^^ぜひぜひお試しください~

多くの方に知っていただきたくてランキングに参加しています。
クリックで応援していただけるとブログ主がせっせと記事を更新します!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

フォローする