Unicoの家具を最安値19% OFFで買う方法と注意点

ずっとダイニングセットを探していたわが家。先週、北千住ルミネのUnicoでダイニングテーブル+椅子4脚を購入し、昨日到着しました!

Unicoの家具は価格帯はIKEAやニトリと比べるとやや高めですが、木目を生かしたシンプル系のものが多いです。

すごいおしゃれってほどじゃないけど決してダサくはない感じです。系統でいくとMomo naturalが一番近いかな、ちょっと辛めのMomo naturalというか。


到着したてのダイニングセット。部屋が狭くなったけど満足!

息子が生まれてからずっとダイニングセットを探していたわが家は、当初はテーブル単体で15万越えのもの(木蔵など)も検討していました。

その後、子どもが小さいので高価格帯のものはやっぱりやめようと思いなおし、でもIKEAやニトリじゃ気に入ったものがない!ということでUnicoに行きつきました。

それでも椅子4脚のダイニングセットとなると15万近くになるので、何とか安く買える方法を探してみたのでご紹介します!


さっそく食べちらかす息子氏(3)

株主優待券+ルミネカード5%OFFコンボで19%オフ

ダイニングセットなど高価格帯のものを買う時は、株主優待券を手に入れるのがオススメです。ヤフオクで2500円くらいで年中出品されているので簡単に入手できます。

さらに、ルミネカードを持っていれば、通常の5%オフ期間であれば株主優待券と併用できるので、合わせて約19%オフに!これが現時点(2017年11月)で定価の家具を最安値で買う方法です。

ただし、株主優待券には色々と制約がありますので、以下の点で注意が必要です。

・ルミネカード10%オフ期間中は株主優待券と併用不可
・定価品以外(セール品や展示処分品でも)は株主優待券が使えない
・配送料無料キャンペーン期間中は株主優待券が使えない

セール以外でも店頭で展示処分品が出ることもある

お店に行く前は、別店舗で現物を見たことのあったELEMT(エレムト)のテーブルとほぼ心は決まっていました。


ELEMTのテーブル(Unico HPより)。W160cmのものを検討していた。

でも実際にお店に行ってみるとADDAYのテーブルが展示処分品になっていたのと、サイズがわが家の理想の150cm(ELEMTにはなかった)だったので心変わりしました。


ADDAYのテーブル W150cm(Unico HPより)

当初は検討していなかったこのADDAYは、展示期間わずか2カ月で店内用レイアウト変更のため、現品限り30%オフ(69984円→48989円)になっていました。


今回購入したADDAY。テーブルトップにも傷はなく新品同様だった

展示処分品はオンラインにはない実店舗ならではのメリットですね。毎回あるわけではないので(むしろあればラッキー)、展示処分品がほしい!という方は店舗に確認してみてくださいね。

今回購入したものと配送料のくわしい話

今回、ダイニングテーブルは前述のADDAYのW150cmにしました。株主優待券は使えず、展示品+ルミネカードのコンボで合計37%オフとなり、約46500円です。別途、配送料は4320円、現地組み立て代(オプション)が1620円かかりました。

チェアはADDAYシリーズではなく、最も座り心地がよかったSIGNE(シグネ)シリーズにしました。多少木目や色味の違いはあったけど座り心地を重視して。こちらは定価品だったので株主優待券+ルミネカードのコンボで1脚あたり約17300円です。配送料は最も安いものを選択して、2脚あたり約1400円かかりました。


SIGNEのチェア(Unico HPより)。

チェアの配送料は形状によって異なるので、決定に影響しそうなら選んでいる時にお店に確認するのがよさそうです。

たとえば同じダイニングチェアでも、アーム付きのものなど2脚を互い違いに組み合わせて1箱に入れられないデザインだと1脚ずつの配送となり最安でも約1400円かかります。

ELEMTのチェア(Unico HPより)はアームはありませんがデザイン上、2脚まとめて箱に入らないので1脚ずつの配送になると店員さんが言っていました。


ELEMTのチェア(Unico HPより)

以上、Unicoのお得な買い方と注意点まとめでした。昨年まではルミネ10%オフと株主優待券が併用できたのですが、2017年から規定が変わってしまったので残念です。

さらに、12月11日から送料改定するそうですので、迷っている方はお早めに決めた方がいいかもしれません。

家具がどれだけ対象になるかは不明ですが、去年の実績から12月1日からセールがはじまるようです。検討中の方の参考になればうれしいです♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする