シンプル材料のカンタン正月料理。イベリコ豚と鱈の寄せ鍋

まだまだ正月気分の抜けないタカエマです。

年明けを都内の自宅で迎えたはよいのですが、食材を買い置きしていなかったので早速スーパーへ行きました。

が、お正月のスーパー、しかも夕方って本当にものがない。。。

お魚コーナーも精肉コーナーもガラガラで、かろうじてイベリコ豚のバラ肉薄切りとアメリカ産の鱈(解凍品)をゲットしました。

葉物は白菜1/4個を、あとは椎茸とえのきを各1パックずつ買いました。

前日に料理人の親戚宅で美味しい寄せ鍋を食べたので、お出汁の材料を聞いていたので、これで寄せ鍋にしようと思いつきました。

まずは、20cmの片手鍋いっぱいに水を入れ、昆布4枚、鰹節ひとつかみ、みりん、日本酒(純米酒)、醤油、海塩(イギリスのMaldon)を適量入れて、味を整えつつ、グツグツ煮出して、濃いめの出し汁を用意します。

その間に、28cmのウォックパン(テフロン中華鍋)に切った白菜をたっぷり敷きつめ、上にひと口大に切ったキノコ類と鱈、イベリコ豚バラ肉も乗せます。

あとは上から、さっきのお出汁をザーッと流し込み、フタをして具材が煮えるまでグツグツしたら完成!

お出汁を作るとき、みりんやお酒はたっぷり入れて、味が薄ければ塩と醤油を足せば大丈夫です。

具材から旨味が出て、びっくりするくらい美味しいお出汁になります。

具材を食べ終わったら、おじやの出番。鍋の汁で冷やご飯を煮詰めて、溶き卵を細く注ぐだけですが、身震いする美味しさです。

シンプル材料で超カンタンなのに、自分で作っておきながらびっくりしちゃいました^ ^

具材は出汁のでそうなものなら何でも、カニ足や牡蠣でも美味しくできそうです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする